忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日々の事  囲碁の続きに、お酒と『W』。


 今日は午前中、薙刀の合同稽古に行っていた。いやあ、疲れた。ちょっと頑張りすぎたのか、空腹で胃酸が上がってきちゃって、終盤、喉が痛くなってしまった。

 昨日は『のだめSP』を見ていた。コミュで見ると、結構カットが多かったらしい。そうなのか~、やっぱりDVDを待つか。新作も気になるけど。
 けど、大野クンの『怪物クン』も録ったんだな。これは今、見終わった。む~、なんちゅうか微妙なドラマ。大野クンも矢嶋さんもチェ・ホンマンも竜ちゃんもいいけど、ど~も脚本がイマイチだ。稲森いずみのデモリーナは、ちょっと深キョンのドロンジョ様、仲 里依紗のゼブラクィーンと対はるコスプレじゃないだろうか。

 ちなみに今、知ったのだけど「仲里依紗」でずっと「なかざと いさ」と読むんだと思っていた。ホントは「なか りいさ」って読むんだな。『ハチワンダイバー』のヒロインになった時、凄いピッタリのキャスティングだと感心したものだ。
 しかし実はこの『怪物くん』で一番感心したのは、ヒロインの子の演技の上手さだ。奥さんが好きなCMで、「こっぷんか~」とか言ってる子なのだが、『川島海荷(かわしまうみか)』というらしい。まだ16歳くらいじゃないか。けど、異常に上手い。この子はきっと伸びる。

 さて『囲碁によせて』で書いた囲碁の続きだけど…。その後、よく見るとレベルは「10(最強)」まであるのが判った。それで思い切って、レベル10のコンピューターを相手に勝負!
 …で、結果は無残な敗北! やはりレベルを上げると、コンピューターは強かった。とはいうものの、初戦は31目負け。実は10目くらいかと思ってたんだけど、意外に大差だった。結構、いい勝負だと思ってたんだけど。

 レベル3と違って、レベル10はもうミスはしない。ミスに乗じてなんとか勝とうとか思ってると、まず勝てない。実力で、必然的に相手を押せる手順で、相手に勝たなければいけないのだ。
 けど、これは考えてみると、武術にも通じる話だと思った。相手のミスを待ったり、いちかばちかで仕掛けても勝てるようにはならない。それは「運」とか「偶然」に頼った、「賭け」でしかないのだ。本当の強さは、そういう不確定要素にではなく、確実な力同士での競いあいに競り勝つところにある。

 今日、薙刀の稽古から帰ってから、もう一勝負パソコンとやってみた。今回は中盤まで押してるので、「お、これは勝つんじゃないか?」とか思っていたのだが、なんと終盤の詰めで競り返された。「ツメが甘い」とはまさにこの事である。
 結果的には24目差で敗北。しかし、少しは前回よりマシになったか。しかし改めて、ちょっと碁を打つのが面白い。レベル10とタイ(互角)で打つのが、「ちょっと相手が上」な感じでいい感じだ。これくらいが一番面白くやりがいがある。これからは、ヤツが目標だ(ニヤリ)。

 お酒の話。『神渡』は実は、肉料理に合うお酒だった。これはビックリ。モロミを舐めながら『神渡』を呑んでると、いやに美味いことに気づいたのだ。味の濃いものが、どうやら『神渡』には合うのだと気づいた。
 それで次はモツ鍋に合せてみた。これが非常に美味しく、こういうお酒もあるのだと感心した。それで次は麻婆豆腐に合せてみた。これがなんと、凄く美味い。日本酒といえば大体、魚介が合うと思うのだけど、こういう肉料理、味の濃い料理に合う日本酒もあるのだと驚いた。

 それから~、『仮面ライダーW』が面白い。平成ライダーとしてはグンバツだ。やっぱり『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の原作を手がけた三条陸さんをメインライターに据えたのがよかったのだろう。すっごく主人公たちに、好感がもてる。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R