忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何かをし始める前にやっておかなくちゃいけなかったこと

ずいぶんと前から、知っていたことがあった。



でも、それをするには、自分一人の力ではどうしても足りなくて、誰かの力が必要だった。



長い時間考えて、気持ちを十分に練るには、やはり時間が必要だった。



どん詰まりのときは、本当に、何をやってもダメだった。でも、今までやってきたこと、すべてが私の支えになった。やりたくないと思ったことですら、自分自身の味方になる。

自立するには、あらゆる試練をクリアしていかないといけない。



一夕一朝でできるものではないから、何度も挫折しそうになるけど、でも、その間に練った気持ちが自分を守る最大の武器になる。




時間をかけて分かったことがある。



私一人の経験や知識なんて、ゼロより少し多くなったごく微量のものだろう。




その微量がたくさん集まれば、一つになる。




足りないんだ。何かをするには、何かその分の対価がいる。




何かを得るには、その分の何かを支払わなければならない。



等価交換




何かをして傷ついて、のたうち回って、叫んでしまいたい気持ちをじっと堪えること。



包容力を鍛えるには、我慢するしかない。




心の内側に近づけば近づくほど、頑丈な壁にぶち当たる。




やわらかくて、輝いてて、良い匂いがする場所だから、ちゃんと守らなきゃいけない。



一人一人が持っている輝き



一人一人得意なこと、苦手なこと、やりたくないこと、やりたいことって違う。



でも、それぞれが、穴を埋め合うことができれば、でこぼこだった道が一つの道になる。





私だけの力なんか世界にとっては微量のものだけど、でも、この世を作っている人の一人なのだから、やはり、責任がある。



生きているということは、他人の居場所を奪うということ。



それがやりたい人の場所を奪うということは、誰かの人生を乗っ取っているということでもある。




この場所に誰がいたかっただろう。



誰がそれをしたかったのだろう。





そんなのは分からない。だけど、一つだけ確実なことがある。




回りまわっているということ。



誰かがやった仕事の続きを誰かがやる。



先駆者がいる。そして、その人たちについていく人たちもいる。





空いた穴を埋める人もいれば、埋めないままの穴もある。



そのせいで、人が死ぬ可能性だって生まれる。


PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R