忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すべては続きを描くための伏線だった

昨日、夜、雷が鳴った。あまりにもうるさくて、起きた。


まぶたをふたしていても、光が走る。


6月2日にも同じようなことがあった。



なぜ、寝ているのに起こされてしまうんだろうとぼんやり考えていた。仕事に行く時間だ。



前々から、永沢寺に行きたいと思っていた。



でも、ちょうど今週の火曜日にロードバイクが壊れてしまった。


これじゃあ、行ける範囲が限られてくる。


さて、どうしたものかと考え込んでいても、仕方ないので、ママチャリを使うしかない。



仕事先に行くにも自転車だったから、ママチャリになった瞬間きつさを感じる。



仕事の途中でもめまいがする。



まあ、良い。こんなの普通だって思いながら、仕事を進める。




そして、なんとか短い時間の勤務を終え、雨が少し小降りになったところで、永沢寺に行こうと思い、出発する。なんとなくの道は分かる。でも、覚悟ができていない。どのくらいの距離なんだ?

どんな道の先にあるのだろう。本当に知らないことばかり。


行けるのか?こんな条件で。

途中でダメになったら?まあ、良いや。その時は、倒れて、動けなくなって、死ぬだけだって思いながら、距離を調べる。



ちょうどここから19キロ


なるほど。やってやろうじゃん。行き帰り合わせて、38キロか。



だいたい4時間あれば行ける。



山道だとしても、峠だとしても、誰も助けてくれないとしても、行ってみせる。



前なんて、6.1キロの坂道を永遠と押しながら歩いたんだ。できない訳がないって、できる理由をほんの少しずつ集めていく。





そして、最初の関門


有馬富士公園



ちょっとした坂になっている。しんどいけど、ここは、何度か通っている道だ。大丈夫。



上った後は、下る。これ、鉄則。



花山院に行くまでの道は把握している。


そこからが問題だった。




地図の上からでは、高低差が分からない。どんな坂なのか、どんな道なのか、歩いてみないと行ってみないと分からない。



花山院を通り過ぎて、ずっとまっすぐ進む。



坂道があったり、下り坂があったり、その先にあったのは、ただの山と畑と人だった。


長い、長い平坦な道をこぐと、道路工事をしている場所があった。



おっちゃんがこっち通ってください!はい!ってな感じで、通らせてもらった。




そして、どんどん山道に差し掛かる。



川が流れていて、雨が降ったり、止んだりだった。



誰もいない。



たまに自動車やバスが通る。



バスの運転手が休んでいるところがあったりと本当に色んな道があるんだなって思った。



そして、どんどん進んで行くと、滝の音がする。



街にいたときは、寒さは感じなかった。でも、山道を進めば進むほど、冷たくなったような気がして、しょうがなかった。



途中、蛇が車に潰されたものがあった。



来てみないと分からないものだなと思い、どんどん進む。そしたら、蕎麦屋さんが途中にあって、こんなところで営業してんだなーって思いながら通り過ぎる。


そしたら、犬が吠えてきた。足がだんだん重くなって、進めなくなる。



でも、もう一回、犬の方を見ると、私の方を見て、吠えていない犬もいた。


じっと見つめていた。



最近、よくある。


犬に好かれる瞬間が。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R