忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アニメから学ぶ主人公たちの共通点から導き出した今後の視点

今まで観てきたアニメをちょっと暇つぶしに抽象化してみる。

ワンピース→ルフィ
NARUTO→ナルト
幽遊白書→浦飯幽助
名探偵コナン→コナン


とりあえず、この四作品について、考えてみる。

すべての主人公に共通しているのは、お父さんや祖先が世間を騒がせるような存在だ。

誰の影響を一番に受けているんだろう?って観てたら、まず、ルフィは小さい頃の兄の存在から海賊になりたいって言っていたし、ナルトもそう。学校に行って、同級生みんなを見返してやるって言ってた。

浦飯幽助は断固として親の言うことや上の言うことを聞きたくないって意地っ張りな性格だけど、幼馴染のけいこには、心を開いてた。
コナンはもともとお父さんが、作家でお母さんが女優だから、ボキャブラリーも豊富で本に囲まれながら育った。本の中で出会った人に影響を受けているんだと思う。アガサクリスティーシリーズが出てきていたし。


ってことで、結局、幼いころからの周りの影響が後の人生に大きく作用していることが分かる。


もちろん、まだ完結していない物語もあるけど、話の主旨は、すべてこれをするためって目的がある。

ルフィなら海賊王に。
ナルトなら火影に。
幽助なら魔界のトップに。
コナンなら黒の組織を追い詰めるために。


みんな何かのために必死で戦ってる。
だから面白いんだろうな。
対立関係があって、仲間になったり、裏切ったり、戦ったり。


結局、自分の強さっていうのは、誰かがいないとはかれない。
基準としてそれがあるんだ。

強さの基準みたいなものが。

ということはつまり、物語を作るには、敵を知らないといけないってことだ。
これは人生にも当てはまることで、相手を知らずに戦うことはできない。
だから、敵を知り、己を知れば、百戦危うからずって言うんだろうな。


それで、これを知った後、私は、社会と戦うしかないんだろうなって思った。どうしようもない自分をどうにかしなくちゃ、敵に支配される一方で、その支配者に都合の良いように踊らされるだけだ。

だったら、できるかどうか分かんないけど、自分ができること全部使ってやるしかない。


これはみんなにも言えるんだろうな。


もし倒すことができれば、仲間にすることもできるし、従属させることもできるんだろう。


だったら、一刻も早く自分を良くした方が、今後のためになるんだろう。

あー、やるしかないんやな。めんどくせーけど。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R