忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、兄と寝る前に話したこと

昨日、兄と久しぶりに話をした。

お父さんの進化の過程や兄が今まで苦労してきたこと、できなかったことなど話題はさまざまだ。

まあ、色々話はとぶけど、書き記しておこうと思う。

っで、じゃあ、まずは父の進化の過程から。

父はウインナーが大好きだ。
一人で調理できる唯一の食品。
初めは、フライパンに油をひいて、炒めていたんだ。

そして、同じことを繰り返していると、油がなくなった。
どうしたか。




茹で始めた。笑



そして、茹で始めてしばらく経ったら、今度は、それを○○に入れ始めた。笑


○○とはおでんだ。


人の脳は進化する。


これが、我が家の伝説となった。



まあ、こんな話があったり、今度は、兄の会社の話をしてくれた。



兄は、普段、昼食はマクドナルドらしい。それを同僚にからかわれていたんだが、今日はたまたま、そばだった。

しかも、とろろそば。笑


同僚に「また、マクドやろ」


兄「いや、違います、今日は、ヘルシーなとろろそばです。ヘルシーです!」


同僚「まさか、天かす入れたんとちゃうやろな?」

兄「・・・・・」


「入れました」笑


ヘルシーって強調したのに。笑



それから、昔の話になった。

兄の中学校のときの話。

私と兄は同じ中学だった。まあどこにでもある中学。

いや、違うか。

ダルビッシュ有の出身中学校だったし。


まあ、兄が中学一年のころの吹奏楽部はコンクールに出ていなかった。

中学二年になってようやく、出だした。

結果、銀だった。

兄の上の世代は、兄が言うに、かなりうまかったらしい。

ハイベーとか簡単に出てたらしいし。

そんで、兄の後輩が入ってきた。
その人が私が一年生のときの部長だ。

兄は、25万のトランペットを吹いていたらしいけど、万年サードだった。

俺の下手さ、これで分かったやろ?って言われた。

それで、兄が三年生のときのコンクールの結果も銀だった。

それから、私が入学して、銀、金、金からの府大会っていう結果になった。


お前らの時代の吹奏楽部がうまかったんじゃなくて、周りの相対レベルが一気に下がったから、府大会に行けたんや!って兄には言われた。笑


そうかもしれないって思った。笑


ただ、あの当時、本気で練習した曲は、今聴いても懐かしいって思うし、何か月か練習すればできるなって思う瞬間はある。

あいまいなことじゃなくて、実際、指をこう動かして、ああ動かして、息や口のかたち、姿勢、気持ち、そういうものすべてを表現できる気がするときがある。


なんていうか、私じゃない私が、表に出てくる感じ。


それをやっているときは、きっと楽しいし、面白いし、わくわくするんだろうなって思える。


だから、またやりたい。

何十年か先で良い。

だから、一気にじゃなくて、ほんの少しずつ頑張っていこうと思う。

兄の同級生で漫画家になった人みたいに。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R