忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実家付近を散策して気付いたこと

職場に手土産でも持って行こうと思って家を出た。
初めの20分ほどは歩くのが楽しかったのだけど、目的地である店になかなか着かない。

だんだんいらいらしてきた。
日が落ちると、嫌なことを思い出す癖が私にはある。さらに、お月様も観てしまった。
嫌な夜だ。

だって、お月様を見ると昔のさみしかった思いがこみ上げてきて泣きたくなる。何もしてないのに。何もないのに。

それでも、今日まで私を支えてくれたものは、言葉だと思う。

お母さんならきっとこうする。お父さんなら我慢する。お兄ちゃんは感じないくらい鈍感だから、まあ良い。

そんな風にして日々の何かを乗り越える。


まあ、そんな憂鬱さはほっといて、実家に帰って何が嬉しかったかと言うと、小さい頃食べたパン屋がまだ残っていたこと。

お母さんがあのパン買ってくれたんだよな。
もうないかもしれないけど、いっしょに歩いたその道がまだあって嬉しかった。


なくなってなくならないものが確かにあること。それがすごくあたたかかった。


この街はたくさんの人の鼓動で生きているんだ。

自転車に乗る大声を出した子供。犬の散歩をするおねえさん。塾に今から向かうバス。それに乗った寝る子供、不機嫌な子供。消防署で消防車を整備する人。公園で遊ぶ子供たち。部活から帰る中学生。

そんな人たちでいっぱいだ。

当たり前のことなのに、なんだかこんなことを知れる喜びで、心が張り裂けそうになった。

色んな人の人生があって色んな人達が出会い別れを繰り返す。

血と肉と意思で、自分を動かし、それぞれとっておきの家庭を築く。

当たり前のことのように思えることがたくさんあるけど、何一つかけても今日という日はできない。

そんな時間が私にとってはかけがえないんだ。


PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R