忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、勉強して良かったなって思ったこと

兄と私は4歳くらい離れている。
私が中学1年生なら、兄は高校1年生。

そんな兄は私より賢くて、でも、個性的な部分ももちろん持ってる。

私の実家は結構訳ありで、今は兄とは離れて暮らしているんだけど、離れてみて分かったことがある。

私は、結構おバカさん大学出で、世間一般では厳しい言い方をすると、学費の無駄っていう大学に入学したんだ。
でも、兄は一浪して、公立大学に行ったから、学力的には結構差がある。

っで、そんな兄とこの前、特攻隊の人達について話す機会があったんだ。

私は、戦争を経験したことがないし、おばあちゃんの話を聞いてもそんなに、悲しむことはなかったんだ。ただ、youtubeで特攻隊の遺書みたいなものを観た時、号泣した。
こんな世の中にならないためにと命を張った若者たちがいたのに、今の日本はほとんど腐りきってる。そんなのは私から見ても分かる。

性欲、物欲、購買意欲に支配されて、消費、消費の社会が正直嫌いだ。

努力しても、結果が出ないと、生きている価値はないみたいな風潮も大嫌いだ。

気持ちをどっかに置いてけぼりにしてきたから、こんな世の中ができあがってしまった。

政治家もさ、できなかったらさ、三島由紀夫みたいに割腹自殺する勢いで、政治をしてほしいって思う。
世の中を見渡した時、自殺しそうな人いっぱいいるなって思うもん。
その責任を負うために。

っでな、特攻隊員の話に戻すけど、私は、この人たちをバカにする奴とは友達にはなられへんし、逆にぶん殴りたくなる。
日本のために、そんなことをしたって無駄なのになってあざ笑うやつがおったら、多分、もう二度とそいつらが笑えなくなるくらい殴ってやりたいと思うもん。

兄ちゃんも私と同じやったから、ちょっとほっとした。

会ったこともないし、話したこともない、ただ歴史上にいる彼ら。どんな人間かも知らないし、どんな風に育てられたのかも知らない。ただ、命を張って、国を守ろうとした彼らが私は大好きなんだ。
自殺的行為なのはよく分かる。意味なんかないっていう人もいるやろうけど、でも、それでも、死んだやつがいるのは事実なんだよな。

っでだ。一番言いたいことがある。その命令を下したやつ。そいつが先に行けよって思うねん。一回、試してみろやって思う。爪をはがして、血で書いた文章があるらしいんやけど、そんなものじゃあダメやと思う。だって、爪はまた生えても、足や手、指は元には戻らんねんもん。命はもっと元に戻らんねんもん。
だから、生半可な覚悟で人に命令を下す奴が一番嫌いやねん。

って話を兄とできて良かった。

価値観が同じで良かった。誰か知らない人のことをこういう風に思える心があって良かったって思う。まあそんなけの話。

自分より一個上の立場に立って考えてみたら、自分のことなんてって思うし、自分より苦しんでる人見たら、自分もまだまだやれるって思ったり、すり減らしたものが多ければ多いほど、誰かの心の中に残ってくれたら良いなって思う。

どうせみんな死ぬ命なんだから、悪あがきせんと今日も幸せやったって思える一日でいたいっていうのが、自分の願いかな。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R