忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前進しなければ意味がない

まず、一番大切にしなくちゃいけないものがある。

それは、心だと思う。

体よりも心の方が大事って言いたいのは、体は機械みたいなもので、心はそれを運転する運転手みたいなものだから。

車だって、乗る人がいなかったら、ただの物にしかならない。
だから、まず、運転手がいないと意味がないと言える。

そんで、次に大切にしなくちゃいけないのが、体。
この体がないとまず、何もできない。
ご飯を食べることもできないし、テレビを観ることも、誰かと話すことだってできない。こうやって人が書いた文章を読むことができないから。

そんで、3番目に大切にしなくちゃいけないのは、ガソリンだと思う。


何かをするためには、何か原動力が必要だ。
だから、体に食べ物を与えるわけやし、心にだって愛が必要になる。
その愛っていうのは、人によって違う。
家族であったり、恋人であったり、誰か親しい人であったり、動物だと思う。

そんで、そのガソリンがそこそこ溜まったら、次は技術だと思う。


まず、運転する気持ちがある。そんで、運転できる体がある。そして、動く車がある。
じゃあ、次は、運転する自分が必要になる。

運転ってかんたんなようでかんたんじゃない。
だって、目が見えていないといけないし、ブレーキやアクセルを踏むタイミングがあったりするから。それは、やっぱりやってみないと身に付かないものだから、技術が必要になってくると思う。

こうすれば、こうなる。ああすれば、ああなる。っていうものが必要だ。


そして、そういうものをだんだんと積み重ねていって、ようやくできるようになっていくのだと思う。


この話を人生に置き換えて考えると、こうなる。

まず、自分というものがいる。そして、その自己確立ができて、ようやく自分というものに余裕が出てきて、やっと、自分の大切な人に援助できるようになっていくのだと思う。

一番初めに相手を持って行くと、身を滅ぼすだけなんだ。
だって、相手のために、相手のためにってやって自分すり減らしてまでやっても、相手が自分を大切にしてくれるとは限らない。ましてや、裏切られる可能性だって余裕で出てくる。だから、まず、自分がないとダメなんだ。

でも、人間ってそういう風にはできていないんよな。


母親のことを考えてみてほしい。
幼い頃の記憶はなくても、オムツをかえたり、あやしてくれたり、ご飯を与えてくれたりした人が必ず誰にでもいる。でも、だんだんと歳をとるにつれ、その役割が自分にまわってくる。

誰かに与える立場になるのが、大人だと思う。

文句を言われることもあるだろう。失敗することもあるだろう。でも、やらないと意味がないんだよな。やってダメだった理由を考えて、また別の方法を試す。それでできないこともあるだろうけど、結局最後は考え付いたものの勝ちなんだと思う。

それを死ぬまで繰り返すから、生きるってしんどい。
自分の好きなようにやったら良いってわけじゃないから。
できなかったら、できないままで良いってわけじゃないんよな。

そういうものをそのままにしていたら、社会に空いた穴が大きくなって、まわらなくなる。
だから、問題がもっと大きくなって、しまいには、手の付けようがなくなる。
それが現代なんだよな。

だから、一日一日をどれだけ真剣に生きるのかが課題になる。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R