忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忘れたくないこと

小さいころの記憶がたまに蘇る。


今を封じ込められる。過去に支配される。

時間は思いと関係なく流れ行き、とどまることを知らない。


最近、考えてもどうしようもないことで泣く。

それは、忘れたくない記憶のこと。


お母さんに教えてもらったこととか、お父さんに教えてもらったこと。


忘れてしまった。どんな言葉で、どんな説明で、どんな状況で話してくれてたっけ?


ああ、自分を証明してくれる人がいない。


自分がいない。どこか溶けてしまっているような自分を想像すると、どうしようもなく悲しい。



そういう気持ちをお父さんもお母さんも感じていたんだと思う。



お父さんは、お母さんと結婚する前に、もうお父さんもお母さんも亡くしていた。


自分を証明する人がいない。いなくて、こわくて、どうしようもなくて、でも、そんな自分でも、結婚できた。子供ができた。でも、その途中でまた連れ添った妻が亡くなった。どんな思いだっただろうか?どんなに悲しかっただろうか。どんなに辛かっただろうか。

想像するに余りある。



そして、私も悟ってしまう。


みんながいなくなってしまった世界に生きる意味なんかあるのか?って。


私に辛く当たって来た人も、私に優しくしてくれた人も、いずれ、いなくなる。


どうしようもない。


何度も経験してきた。どこに行けば、誰に会えば、自分がちゃんと生きていることを実感できるんだろう。


どんどん忘れていく記憶とともに、どんどん形のないものを探して、ついに迷子になる。


でも、今の大人もみんなそうやって探し続けているんだ。自分が自分でいられる場所を。自分が自分として機能できる場所を。

どんなに嫌っていても、誰かがいなければ、そこで、終わってしまう。


嫌いだった誰かも、好きだった誰かも、いつかはいなくなる。


そういう風に考えると、怖くてたまらない。だったら、自分が先にいなくなれる方法をつい探してしまう。


誰かがいなくなる悲しみは、誰かをなくした人にしか分からない。


みんなその誰かを求めている。その心を愛と言うなら、自分一人だけで、作るなんてことはできない。


誰かとともに歩むために、あるものだから。


そう考えると、もっと優しくしておけば良かったとか。もっとごめんなさいって言っておけば良かったって思う。


散華で、感謝でしかない。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R