忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

けものフレンズ11話 泣きたいときにでも

兄がこのアニメ観ろってうるさいから、しばらく経って、時間ができたとき、見たんだ。


そしたら、涙がとまらなくなった。



1話からなんとなくこうなるなっていう展開は読めてて、どうせ、こうなるんだろ?って思ってた。


そしたら、その通りにある程度なったけど、最後、泣いてしまった。


今まで主人公は絶対幸せになってた。その過程に厳しい試練を与えられることがあるのが、物語を作るうえの常識だけど、最後のは泣いた。


あまりにも、あっけなかったから。



でも、二人がタッグ組んで、歩んでいく姿は、何物にも代えがたいものなんだってことだけは分かった。



もし、例えば、ああいう風に誰かを助けたり、誰かに助けられたりを繰り返して、絆が深まるんだとしたら、それ以上の生き方はないなって思う。



何より心に響いたのは、最後のかばんちゃんの言葉。




「見るからにダメで、なんで生まれてきたのかも分からない僕を受け入れてくれて、見守ってくれて、、、、ありがとう」



って言ったんだ。



涙が止まらんくなった。




それと同時にあることを思い出した。



日本の歴史にあった特攻隊のこと。なんか、日本を守ってくれた人たちの心が自分の中に蘇って、このままではいけないって思うから、何かしなくちゃいけないって思った。



自分自身の涙の意味を自分自身で解くしかないって思った。


なぜ、燃え上がるのか。なぜ、こんなにも弱い人間なんだって思った。


それが、もう本当、腹立たしくて仕方ないって思った。


全部学びたい。全部知りたい。その絶対的な好奇心を糧にしばらくは突き進んでみようと思う。


何が起こるか分かっていたら、つまんないし、どんなことがあっても、自分が自分であることには変わりない。


だったら、その体で全部感じてしまえば良い。



どこまでできるとかできないとか関係ない。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R