忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

荒々しさ

最近よく学園もののアニメを観る。


アニメだから、ありえないことの連続だけど、そこからヒントをもらうこともあって、自分に足りないものとは何か?と考えたとき、荒々しさが足りないって思った。


昔、大学生の頃、ボランティアで、障がい者の施設に行ったことがある。


そこで、見たくないものを見た。


中学生、いや、年齢的には高校生?くらいの子供が、蛇口の水を全開にしてた。

最初は、何か、水道の点検か?なんて思っていたんだが、どうやらそうじゃなかったらしい。


先生が飛んできて、声を荒げて、何してんだ!って叫んでた。

ああ、そうか。遊んでいたのかってその時、初めて、どんな状況か理解した。


それで、私には、そういう声を荒げて何かをするとか、言いたいことを言うだとかそういう他人に対する期待なんてものが薄いんだって思った。


どうせ、やんないんでしょ?どうせ、自分にとって不都合なことから逃げるんでしょ?どうせって言葉をよく頭の中で繰り返していたと思う。


それで、いざ、戦わないといけないときに逃げてた自分がいるって思った。



声を荒げて、ぼこぼこに殴られるくらいなら、自分が我慢して、抱え込んで、潰れれば良い。

それを他人が優しいって言うんなら、そうじゃない。


反面教師にしてたんだ。兄ちゃんもお父さんも。

こんな人間になってたまるか!って。


っで、結局、煮詰まって、焦げて、どうしようもないものになって、破綻する。


だったら、そうなる前に、言わなきゃいけないことを言えば良かったんだ。


でも、今までのことがあるから、どうしても考えてしまう。


これを言ったら、他人はきっとこう思うだろうな。とか、こう反論されたらどうする?とか。


倍になって、返されたら?怖さが出て、どうしても言えない。


腹が立っても、知らないふりをする。本当は殴り飛ばしてやりたい。土下座されても、許したくない。

それを言ってしまって、関係が崩れたら、どうする?修復不可能になったらどうする?



何度も何度も葛藤して、何度も何度も迷う。


本当、どうしようもない自分が残った。


だったら、荒々しくなっても良いんじゃないか?


子供のように純真無垢で何も知らなったあの頃に戻れば、良いんじゃないか?


気に入らなければ泣き、喚き、叫ぶ子供に。


でも、そういうことをするのは、恥ずかしいことだと教わっているから、やっぱりやれない。


そして、また迷い、葛藤する。



そして、何もやらない自分ができる。



そういうことを繰り返す。



何もやらない自分を繰り返す。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R