忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

笑ってはいけないけど笑ってまう話

去年の春ごろ、めったに感情を表に出さない兄が泣きながら私に電話をしてきた。

どうしたの?って聞いたら、お父さんが大変やねん。と言って来たので、実家に数日帰った。

そしたら、お父さんは、リビングに寝転がって、身動きが取れない状態になっていた。
明らかに目の動きがおかしいし、とりあえず、私もどうして良いのか分からないので、次の日、病院に連れて行くことにした。
兄は免許を持っているが、フリーのドライバーなので、事故を起こす可能性が高い。私は、自転車で日ごろ鍛えていたりするので、バイクや自動車などの運転はしない。普段、父が車を運転していたのだが、今父が運転したら、絶対事故を起こすので、どうするかと考えた末、歩いて行くことにした。

父は嫌がったが、私は無理やり歩いて行かせた。だいたい3キロもない距離だと思う。

っで、病院に着いて、先生が脳に異常があるかもしれませんので、検査を受けてくださいと指示を出した。
私は次の日、仕事があったので、実家から家に戻った。
そのあとの話を兄から聞いた。


兄と父が病院に行き、検査を受けた。

最初、医者は、なんや、このおっさんはってな感じで、対応していたらしいんだが、検査をするうちにいろいろ分かり始めたのか、急に態度を翻した。
さっきまで大丈夫ですか?とかしんどくなかったですか?とか言い出した。

検査の結果を兄が聞いたら、なんと血圧が尋常じゃないほど高かったし、脳梗塞の疑いや脳が委縮し始めていると医師から話があった。

兄は、医者の言葉を聞きながら、父がどれだけ大変な状態なのかを知った。

それを私に電話で話すのだが、兄は、医者の態度のことをこう説明した。

急に優しくなってん。医者たちがな、急にな、急にやで?慌てだしてん。と言い出した。
さっきまでな、冷ややかな目で見ていたのに、急にな、大丈夫?とか言い出してん。


私は思わず笑ってしまった。



っで、それから、ケアマネージャーつけて、色々段取りを組んで、今は幸せにやってるみたい。


前のお父さんに戻ってほしいなんて思わないけど、安らかな父であってほしいと私は心から願うのであった。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R