忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

英語と日本語の考え方

あるテレビ番組が好きで、それが本当のことかどうかよりも、私は、どうやってそれを導き出したのかを考えるのがすごい好き。

っで、さっき、ちょっと考えたことがあったから、聞いてもらいたい。


英語は、語順を見てもらうと分かる通り、先に主張する。

例えば、私は、歩く。犬とともに。という語順になる。


でも、日本語は、私は犬とともに歩く。という言い方をする。


これは論文も同じ。

○○はこうだ!って断定してから、後付けで、なぜなら、こうなる。って言う言い方をする。

日本の論文は、○○は、××で、△△だから、こうだ!って言う言い方をする。


だから、考えづらくなるんだなって改めて思う。


それと、余談。

あなたは、犬が好きですか?って言う質問をしたとする。
日本人は、はい、好きです。
いいえ、好きではありません。って言う。これは、英語でも同じ。

じゃあ、難しいのは、あなたは、犬が好きじゃないですか?って聞かれたらどう答えますか?

はい、好きです。はい、好きじゃないです。
いいえ、好きです。いいえ、好きじゃないです。
って両方の可能性が出てくる。
最後まで言わないと伝わらないようになってる。
日本人の場合は。


でも、英語ではっきりしているのは、あなたは犬が好きじゃないですか?って聞かれて、相手がNoって言ったとする。

そしたら、もう答えは決まっているんです。
Noって言ったら、もう好きじゃないってことは確定なんです。
だって、主語は私から始まって、動詞を否定するようなかたちになってるから。

No, I don't.って答えるのは、動詞が省かれているだけなんです。
文章にすると、No, I don't like dogs.ってなってるから。

だから、逆にyesって答えたら、犬が好きってことになる。


最初に意見をはっきりと明白に伝えるから、こうなるんです。っとだけ今日は、ちょっとつぶやいてみたかったって話です。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R