忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蜘蛛の糸

家は、とにかく蜘蛛が多い。
室内にも外にも、やたらと蜘蛛が多い。

蜘蛛の繁殖を甘く見ていた主人のおかげで、天井付近が
すぐ、蜘蛛の巣だらけになり、そのたびに、椅子にのって、天井の巣を
掃除機で吸い取ったりするのだが、暫くするとまた、お化け屋敷のようになってしまう。

これには、わけがある、
主人は、とにかく、蜘蛛を殺したら駄目だと言って、
成長した大きな蜘蛛が家の中をうろうろしていると、
ビニール袋や、箱などを持ってきて、その中に誘導して
外に逃がしてやるのだ。

何も悪いことしてない蜘蛛を、殺すなんて残酷だろうと言う。

けど、その逃がし方に、やや問題ありで、玄関から外に出すと
決まって、玄関付近が蜘蛛の巣だらけになる。

玄関はだめだと言うと、今度は、ガレージの中に逃がしている。
その結果、ガレージの中も蜘蛛の巣だらけ...

私は、裏庭に出してあげるように心がけているが、、、外に放すと
蜘蛛は、その途端、家の方に向かってすごいスピードで帰ってこようとする。

蜘蛛にとっても、家の中が、住まいという感覚らしいが、これ何とかならないものかな・・・
そんなことを考えていたら、対策とは全く関係ない、芥川龍之介の名作
蜘蛛の糸が頭に浮かんだ。

お釈迦様が蓮池のほとりを歩いていて、ふと、池の中をのぞくと、
地獄に落ちた人間たちが、うごめいている。

罪人ながらも、蜘蛛を助けたことのある、カンダタをみて、
お釈迦様が蜘蛛の糸を垂らすと、その罪人は必死に糸につかまり登ろうとする。

暫くして、下をみるとほかの人もその糸にしがみついて、上ってきている。
このままでは、細い蜘蛛の糸が切れてしまうと、カンダタは、叫ぶ。
この、蜘蛛の糸は俺の物だ~。

その途端、糸がぷつりと切れ、カンダタは元の地獄へと真っ逆さまに落ちていく。
なんか、いろいろ考えさせられるこの蜘蛛の糸・・・・罪とか欲とか...・

でも、そのあと、私は思った。

もし、主人が地獄に落ちたとしたら、きっと、太くて切れそうもない蜘蛛の糸が
降りてきて、蜘蛛が主人を救おうとするに違いないと。

が、しかし、登る能力は別で、、、筋力なし、体力なしだし、、きっと上ってる途中で
下から来た人に追い越されてしまうだろうな~。

取りあえず、地獄に落ちないように、清く正しくを目指したい。
そして、少しは筋力、体力をみにつけて、いざという時に備えたい
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R